税務調査立会と無申告対応に強い税理士 法人/個人事業主に国税OB佐川洋一が無料相談 東京、神奈川・横浜、千葉、埼玉のほか全国対応可

無申告と税務調査について専門税理士が解説

無申告者に対する税務調査

現状の税務調査実施状況

最近私の事務所には「今まで無申告だったのですが申告をしたいんです。」という個人業主様や法人経営者様が数多く相談に来られます。

 

詳しく話を聞いてみると、持続化給付金や家賃支援給付金などを申請するためだったりするのですが、

 

申告義務の履行は納税者の義務ですので、素直に喜ばしいことです。当事務所では無申告で悩んでいる方に対し、積極的に無料相談を実施しております。

 

ご相談のみでも全く問題ありません。出し惜しみすることなく無申告に関し有益な情報をご提供致します。

 

なお、ご来所のほかZOOM等のオンライン相談にも対応しておりますので、ご遠方の方や新型コロナウイルスが気になる方もお気軽にご相談ください。

別記事:『新型コロナウイルスと当面の税務調査』をぜひご覧ください。

 

さて本題ですが、長年に渡り無申告であった方も多いのですが無申告であることのデメリットを挙げてみると、

 

住宅ローンを組めない、官公庁の仕事が出来ない、子供を保育園に入れれない、そもそも信用がない、等々様々です。

 

一方で、では何故申告しなかったのかというと、

 

領収書を保存していない、どうせ赤字だから、申告の仕方がわからない、そもそも税金を払いたくない、等々こちらも様々な理由があります。

 

ここでお時間のある方は国税庁が毎年公表している統計資料を確認してみましょう。

 

これを見ると、税務署がいかに無申告事業者に対し力(チカラ)を入れて税務調査を実施しているかがわかります。

 個人事業主の方はコチラ(8ページ参照)

 法人経営者の方はコチラ(6ページ参照)

 

個人事業主の場合は、

「無申告は、申告納税制度の下で自発的に適正な納税をしている納税者に強い不公平感をもたらすこととなるため、的確かつ厳格に対応していく必要があります。こうした無申告者に対しては、更なる資料情報の収集及び活用を図るなどして、実地調査のみならず、簡易な接触も活用し積極的に調査を実施しています。」

と書かれています。

 

法人の場合は、

「事業を行っているにもかかわらず申告をしていない法人を放置しておくことは、納税者の公平感を著しく損なうものであることから、国税庁では、登記情報等から法人を把握した上、無申告法人を的確に管理するとともに、こうした稼働無申告法人に対する調査に重点的に取り組んでいます。」

と書かれています。

 

▶税務調査専門税理士ブログへ

 

無申告の税負担とペナルティ

税務署は税務調査を実施するに当たり、どのような方を「特に悪質な納税者である」と認識するでしょう。

 

それは、消費税を不正に還付しようとしたり、従業員等の源泉所得税を納めない、といった納税者です。

 

これらの税金は自らが稼いだお金ではなく、あくまで他人から預かったお金なので、当然に税務署としては特に厳しく税務調査を実施しています。

 

実は無申告事業者についても、税務調査官は消費税不正還付者や源泉所得税を納めない方と同じぐらい悪質だと感じていることが多いのです。

 

申告義務を知りながら敢えて申告をしなかった場合には、通常の無申告加算税(15%~20%)に代えて重加算税(40%)が課される可能性があるのです。

 

 ここで一つの例として、以下のような個人事業主の方が税務調査において意図的に申告をしなかったと税務署に認定された場合ですが、

 

  •  年間収入1,200万円
  •  年間利益600万円
  •  少なくとも7年間無申告
  •  領収証は全て破棄

 

トータルでの税負担はどのくらいになると思われますか。

 

驚かれるかもしれませんが、最悪ですと軽く1,500万円を超えるというのが税務調査専門税理士である私の試算です。

 

追徴される税金の種類としては、

 ①所得税(本税、加算税、延滞税)

 ②消費税(本税、加算税、延滞税)

 ③住民税

 ④国民健康保険税

 ⑤個人事業税

 の5種類になるのが一般的です。

 

別記事:『無申告でよくあるご質問』をぜひご覧ください。

無申告に対する税務調査官の本音

当面の税務調査実施方針

これだけ悪質とみなされてしまう無申告事業者ですが、

 

一方で現場の税務調査官としては、「あまり税務調査をしたくない。」というのが本音です。

 

それは、税務調査を実施し決算書を作成したが赤字になるので結果として一切税金を追徴できない、

 

ということがしばしば起こり得るためです。

 

正直税務調査官としては、多くの時間をかけたにも関わらず税金を追徴できない(言い換えると実入りが無い)のはモチベーションが下がるのです。

 

そうは言っても先に述べたように無申告の事業者を見逃しているわけではありません。

 

むしろ積極的に無申告事業者に税務調査は実施されているのです。

 

税務署の調査計画を立案する立場の国税局は、

 

「おたくの税務署は無申告の実態解明調査を年間〇件やってください。」と税務署に対し具体的な件数を指示しているのです。

 

この記事をお読みいただいた皆様にお伝えしたいのは、

 

「税務署はありとあらゆる手段で無申告者の把握をしています。」ということです。

 

今まで税務署から何の連絡もないから大丈夫、などと楽観的に考えるのは賢明ではありません。

 

税務調査の対象となってしまうと、追徴本税額が課されるのはもちろんのこと、

 

無申告加算税(場合によっては重加算税)や延滞税といった附帯税が漏れなくついてきます。

 

税務調査前に自主的に申告をすれば加算税率が低くなりますし、何より重加算税の心配がなくなります。

 

無申告の状態で何がきついか、それは皆様ご自身の精神衛生上の問題ではないでしょうか。

 

いつ税務署が踏み込んでくるか、そんな心配をしながら事業を続けている方が多いのでは、と思います。

 

税務調査/無申告対応を専門とする税理士であればこそわかること、それは申告を済ますと納税者の方のお顔が穏やかになることです。

 

新型コロナウイルス感染症の影響で、現状では税務署も予定通りの税務調査を実施できていません。

 

そんな時期であればこそ逆に「今が申告をするチャンス」と前向きに考えることが必要かもしれません。

 

税理士(元国税調査官) 佐川洋一

財務省主税局勤務のほか東京国税局管内の税務署統括国税調査官や国税庁主任税務分析専門官等を経て退官。テレビ出演、新聞・雑誌等メディアに掲載多数。

 

 

LINE ↓友だち追加↓

税務調査情報をお伝えいたします

お気軽に友だち追加してください

友だち追加

無料相談・お問合せはこちら

税務調査専門税理士への問合せ

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。

​留守番電話になった場合はお名前、ご連絡先、ご用件をお伝えください。折り返しご連絡いたします。

メールでのお問合せは24時間受け付けておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

受付時間:9:00~21:00
定休日:年中無休

お電話でのお問合せはこちら

080-7705-7801

 インフォメーション

お問合せ・ご相談
080-7705-7801

お問合せはお電話・メールで受け付けています。
メールでのお問合せは24時間受け付けております。

​留守番電話になった場合はお名前とご用件をお伝えください。折り返しご連絡いたします。

受付時間/定休日
受付時間

9:00~21:00

定休日

年中無休

アクセス

〒160-0023 
東京都新宿区西新宿8-1-2 PMO西新宿513

JR新宿駅 西口より 徒歩8分
丸ノ内線西新宿駅  徒歩1分

Menu