税務調査立会と無申告対応に強い税理士 法人/個人事業主に国税OB佐川洋一が無料相談 東京、神奈川・横浜、千葉、埼玉のほか全国対応可

 

【必要経費と損金の違い】

税務調査専門税理士の佐川洋一です。今日は「必要経費と損金の違い」についてです。

 

必要経費とは所得税法上の概念、損金とは法人税法上の概念、となります。

 

そうは言っても、いずれの概念も所得計算上控除(減算)可能な支出等を指すことに変わりはないことから、一般的には同じ概念と考えてもほぼ差支えありません。

 

実際、税の専門家である税理士でさえ厳密な意味での違いを意識することはあまりないかもしれません。

 

このことは、税務調査にやって来る税務調査官も然りです。

 

講学的な話になりますが、法人は100%営利を追求するために存在しています。

 

そのため、法人の場合はその事業活動における事業遂行上の支出等について「損金」として幅広く認められています。

 

一方で、個人事業主は事業活動の主体であると同時に消費活動の主体としての側面を有しています。

 

そのため、法人税と異なり所得税の場合は、支出等のうち所得の処分と認識される「家事費」を課税所得の計算上除外する必要があります。

 

すなわち所得税の場合は原則として売上の獲得に必要な支出等しか経費として認められないのです。

 

その結果、一般的には所得税法上の必要経費より法人税法上の損金の方が幅広く認められることになります。

 

この辺がまさに、「節税するなら法人化した方が有利ですよ」と言われる理由の一つかもしれません。

 

具体的な勘定科目名を挙げると、「接待交際費」の場合は明らかに法人税の方が幅広く認められていますし、「車両等の減価償却費」についても、法人の場合は事業使用割合という考えがありませんので原則として100%損金として計上可能です。

 

 

無料相談・お問合せはこちら

税務調査専門税理士への問合せ

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。

​留守番電話になった場合はお名前、ご連絡先、ご用件をお伝えください。折り返しご連絡いたします。

メールでのお問合せは24時間受け付けておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

受付時間:9:00~21:00
定休日:年中無休

お電話でのお問合せはこちら

080-7705-7801

 インフォメーション

お問合せ・ご相談
080-7705-7801

お問合せはお電話・メールで受け付けています。
メールでのお問合せは24時間受け付けております。

​留守番電話になった場合はお名前とご用件をお伝えください。折り返しご連絡いたします。

受付時間/定休日
受付時間

9:00~21:00

定休日

年中無休

アクセス

〒160-0023 
東京都新宿区西新宿8-1-2 PMO西新宿513

JR新宿駅 西口より 徒歩8分
丸ノ内線西新宿駅  徒歩1分

Menu