税務調査立会と無申告対応に強い税理士 法人/個人事業主に国税OB佐川洋一が無料相談 東京、神奈川・横浜、千葉、埼玉のほか全国対応可

【RSU 譲渡制限付株式】

税務調査専門税理士の佐川洋一です。

 

今日は、最近非常にご相談が多い、RSUについてお話します。

 

RSUとは譲渡制限付株式と言われるもので、外資系企業にお勤めの方にとっては、今や非常に身近なインセンティブの一つです。

 

まず、皆さんご存知だとは思うのですが、RSUの課税上の考慮点としては、付与(grant)、制限解除(vest)、売却(sell)の3段階があり、

 

特定譲渡制限付株式(特定と言ってもほぼコチラになります)の場合、基本的には、制限解除(vest)時に給与所得、売却(sell)時に譲渡所得、となります。

 

給与所得者であってもどちらも確定申告が必要になるのですが、

 

残念ながら、申告を失念してしまっている方が非常に多く、税務調査官側も躊躇なく税務調査の対象としてきます。

 

ほぼ修正申告することになるので、お尋ね文書等の行政指導のレベルではなく、手続的にはいきなり税務調査扱いになることが多いです。

 

また、納税者に対する税務調査の事前通知については通常電話でなされるのですが、

 

東京国税局管内の東京、神奈川・横浜、埼玉、千葉の税務署においては、RSUの税務調査事前通知を書面で実施することが多いです。

 

書面には、「平成〇〇年に外国親会社から交付を受けた株式について」と具体的に記載されていることが多いですから、

 

書面を受領した時点で「更正を予知」したことになってしまうため、税務調査着手までに修正申告書を提出したとしても、加算税が5%に軽減されないのでは、と考えます。

 

ココ非常に大切なポイントです。税理士と言えどもこの辺を認識されている方はいらっしゃらないのでは、と思います。

 

それにしても、税務調査連絡の段階で、税務調査の目的をそこまで具体的に、しかも、なぜ敢えて(電話でなく)書面で伝えるのか?

 

理由はいろいろとあるのでしょうが、ここでは割愛させていただきます。

 

弊所は税務調査専門税理士事務所となりますが、税務調査の通知が来ていない方につきましても、確定申告等のご相談をお受けしています。

 

ホームページの「お問合せ」またはお電話で、お気軽にご連絡下さい。

 

 

▶税務調査専門税理士をもっと知る

 

 

税理士(元国税調査官) 佐川洋一

財務省主税局勤務のほか国税局管内の税務署統括国税調査官や国税庁主任税務分析専門官等を経て退官。テレビ出演、新聞・雑誌等メディアに掲載多数。

 

 

 

LINE ↓友だち追加↓

税務調査情報をお伝えいたします

お気軽に友だち追加してください

友だち追加

無料相談・お問合せはこちら

税務調査専門税理士への問合せ

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。

​留守番電話になった場合はお名前、ご連絡先、ご用件をお伝えください。折り返しご連絡いたします。

メールでのお問合せは24時間受け付けておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

受付時間:9:00~21:00
定休日:年中無休

お電話でのお問合せはこちら

080-7705-7801

 インフォメーション

お問合せ・ご相談
080-7705-7801

お問合せはお電話・メールで受け付けています。
メールでのお問合せは24時間受け付けております。

​留守番電話になった場合はお名前とご用件をお伝えください。折り返しご連絡いたします。

受付時間/定休日
受付時間

9:00~21:00

定休日

年中無休

アクセス

〒160-0023 
東京都新宿区西新宿8-1-2 PMO西新宿513

JR新宿駅 西口より 徒歩8分
丸ノ内線西新宿駅  徒歩1分

Menu