税務調査立会と無申告対応に強い税理士 法人/個人事業主に国税OB佐川洋一が無料相談 東京、神奈川・横浜、千葉、埼玉のほか全国対応可

【法人と個人事業主の違い】

税務調査専門税理士の佐川洋一です。

 

今日は、税務調査における法人と個人事業主との違い、についてお話してみます。

 

まずは、税務調査の対象となる税目です。法人の場合は法人税、個人事業主の場合は所得税、なのですが、

 

実は、他にもチェックされる税目があります。正確に言うと、

 

法人の場合は、①法人税、②消費税、③源泉所得税、④印紙税、の4税目が対象です。

 

調査官にもよりますが、法人の場合は、わりとくまなく4税目チェックされます。

 

一方で、個人事業主の場合は、2年前の売上が1,000万以内であれば、基本的に所得税のみが対象となります。

 

次に、法人と個人事業主における税務調査における深度の違いですが、

 

税務調査専門税理士としての私見ですが、これは絶対的に法人に対する税務調査の方が「ここまでやるのか!」というのが多い気がします。

 

例えば、パソコン内のフォルダーとか代表者の机の引出しの確認とか、いわゆる「現物確認調査」ですが、

 

個人事業主に対する税務調査ですと、まず実施しません。

 

この差は何なのでしょうか?

 

そもそも人格(法人格、個人格)が違うことに起因するのか、トラブルになる確率が違うから、なのか。

 

個人事業主に対する税務調査は「署の中の個人課税部門」という部署が実施するのですが、

 

彼らの税務職員としての「最大のイベントは確定申告」であり税務調査は2の次である、という思いがあるからかもしれませんね。

無料相談・お問合せはこちら

税務調査専門税理士への問合せ

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。

​留守番電話になった場合はお名前、ご連絡先、ご用件をお伝えください。折り返しご連絡いたします。

メールでのお問合せは24時間受け付けておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

受付時間:9:00~21:00
定休日:年中無休

お電話でのお問合せはこちら

080-7705-7801

 インフォメーション

お問合せ・ご相談
080-7705-7801

お問合せはお電話・メールで受け付けています。
メールでのお問合せは24時間受け付けております。

​留守番電話になった場合はお名前とご用件をお伝えください。折り返しご連絡いたします。

受付時間/定休日
受付時間

9:00~21:00

定休日

年中無休

アクセス

〒160-0023 
東京都新宿区西新宿8-1-2 PMO西新宿513

JR新宿駅 西口より 徒歩8分
丸ノ内線西新宿駅  徒歩1分

Menu